風疹流行に警報!!

報道されているように、風疹罹患患者数が例年の10倍に増加しているそうです。その多くは30~50代の男性です。

医師会から緊急の伝達があり、妊娠を希望される方やその配偶者に風疹抗体検査を早急に受ける事を提言しています。

また妊娠で初診された皆様にも12週前後の初期検査を待たずに、風疹抗体検査を行って抗体の有無を周知すべきであるとの見解も出されました。

特にその配偶者(同居者)が30~50代の男性では風疹罹患率が高い事から、感染力の強い風疹ウイルスが蔓延すれば危機的状況です。

先天性風疹症候群の赤ちゃんが生まれないためには、皆様が抗体検査を受け、必要なワクチン接種を受けることしかない現状です。

当院では風疹抗体検査も、風疹ワクチン接種(数に限りがあります)もお受けしております。お問合せ下さい。